JAREC  特定非営利活動法人 日本不動産カウンセラー協会   HOME ENGLISH facebook

2018年9月27日木曜日

【特別価格でご提供】7年ぶりの改定版「建物の鑑定評価必携(建物実例データ集)」


7年ぶりに大改訂された建物の鑑定評価必携は、「建物の鑑定評価」の資料集として有用な書籍です。
今回の改定では、既存の306モデルに新たに100事例を追加して、合計406モデルの建物データをを収録しています。

当協会では、本書をテキストして、本書の編纂に携わった方々を講師として登壇いただき、7月に全国7会場で研修会を実施して、800名余の方々に参加いただきました。

その時にも書籍を割引価格で販売しておりますが、この度、出版元の「建設物価調査会」との合意により、2019年2月末までのお申込みについては、特別価格で販売ができることとなりましたので、ご案内する次第です。

建物の鑑定評価必携
パンフレット

       概要

 定価 26,500円+税
 
 特別価格 25,700円(税込) 
  下記の申込書(PDF)をダウンロードしてお申込み
 ください。
  この申込書での注文に限り、割引が適用され、
  送料・代引き手数料が無料となります。

    申込書はこちら 

 

(目次)
【利用手引編】
はじめに
第1編 建物の鑑定評価の考え方
 1章 不動産鑑定評価における建物評価に関する基本的考え方
  1 鑑定評価の三方式
  2 不動産鑑定評価基準における「不動産の類型」と「建物の価格」
  3 建物の価格形成要因
 2章 不動産鑑定評価における建物価格の査定上の留意事項
  1 建物評価の手順と方式の適用
  2 建物評価上の留意事項
  3 建物等解体・撤去費の求め方

第2編 コスト情報を利用した鑑定評価手法の適用と留意点
 1章 データの特性
  1 建築コスト情報全般
  2 本評価必携のデータ
 2章 再調達原価(工事価格相当額)の求め方
  1 個別的要因格差修正
  2 地域要因格差修正
  3 時点修正
  4 事情補正
 3章 減価修正の方法
  1 耐用年数に基づく方法
  2 観察減価法

第3編 複合不動産に対する比較方式の適用
  1 土地建物一体比準について
  2 複合不動産の比準価格を求める際の基本的な考え方
  3 複合不動産の比準価格を試算する方法
  4 補修性のためのデータの蓄積

第4編 建築・住宅市場の動向と建物の鑑定評価の課題
  1 わが国の中古住宅の評価上の課題と、改善に向けての取り組み
  2 わが国の住宅市場の現状と課題
  3 わが国の住宅市場の特殊性~欧米諸国との比較
  4 わが国の住宅市場、住宅産業の将来像を考える
  5 ストック時代における建物の鑑定評価の課題

第5編 建物の鑑定評価に関する情報
 1章 価格情報
  1 コストとプライスの情報
  2 価格情報の種類と内容
 2章 統計資料
  1 建築費指数
  2 資材指数
  3 販売価格に関する統計・データ
  4 建築着工統計調査
  5 本書に収録した統計・データ
 3章 既存戸建住宅建物積算価格査定システム(JAREA HAS)
  1 既存戸建住宅建物積算価格査定システム(JAREA HAS)開発の背景
  2 JAREA HAS2015のしくみ
  3 システム利用の流れ

【建物モデル編】
建物Index
01a.ハウジング(共同住宅)
01b.ハウジング(複合住宅)
01c.ハウジング(個人住宅)
01d.ハウジング(プレハブ住宅)
02.事務所・業務施設(事務所、複合施設等)
03.商業施設(店舗、飲食店等)
04.文化社会施設(コミュニティセンター、宗教施設等)
05.教育施設(保育園、幼稚園、学校等)
06.医療施設(病院、医院・診療所等)
07.福祉・厚生施設(特養老人ホーム、老人ホーム等)
08.宿泊施設(ホテル、保養所等)
09.スポーツ・レジャー施設(体育館、クラブハウス、プール等)
10.流通関連施設(流通センター、倉庫等)
11.生産施設(工場、研究施設等)
12.その他

【参考資料編】
1.建設物価・建築費指数(東京)[附表1-1~附表1-6]
2.建設物価・建築費指数による都市間格差指数[附表2]
3.用途別構造別工事費単価(全国)[附表3-1~附表3-2]
4.用途別構造別着工床面積(全国)[附表4-1~附表4-2]
5.都道府県別工事費単価[附表5-1~附表5-4]
6.都道府県別着工床面積(附表6-1~附表6-4]
7.利用手引編の関連資料[附表7-1~附表7-7]
8.建物モデル一覧
9.用語集








2018年9月26日水曜日

パークマネジメント実例【大阪府「万博記念公園」】の視察研修 【平成30年11月16日(金)開催】


平成30年4月に、パークマネジメント事業に関する業務提携契約を締結いたしました三井物産フォーサイト(株)が、企業連合(代表企業は吉本興業(株)、詳細は下記大阪府ホームページ参照)の一員として、平成30年10月1日から満10年間にわたって、大阪府より「万博記念公園」の指定管理者に選定されており、今回は、この「万博記念公園」のパークマネジメントについて、現地視察と講演会及び懇親会を下記のとおり開催いたします。

<ご参考:大阪府HPより>
   大阪府ホームページ

11月16日(金)

視察のスケジュール
※視察の詳細は、これから協議することとしております。
 決定次第、追記いたします。

12:50   集合 (大阪モノレールの万博記念公園駅・改札前)
万博記念公園へのアクセス
★新幹線利用の場合
 新幹線「新大阪駅」下車。 
 地下鉄御堂筋線(北大阪急行線)で「新大阪駅」→「千里中央駅」へ。 
 大阪モノレールで「千里中央駅」→「万博 記念公園駅」下車。
★在来線の場合
 下記路線・駅のそれぞれから大阪モノレール「万博記念公園駅」下車。
 ・阪急線:南茨木駅、山田駅、蛍池駅
 ・地下鉄御堂筋線(北大阪急行線):千里中央駅
 ・地下鉄 谷町線:大日駅
 ・京阪本線:門真市駅

13:00   万博記念公園 現地会議室にて概要説明、資料配布
            (三井物産フォーサイト(株) 山口様) 
13:45   会議室出発・公園内見学(三井物産フォーサイト(株) 富井様)
16:30     視察終了予定

視察終了後に懇親会(会費制)を開催いたします。



申込み・受講料

資格認定会員・個人賛助会員   受講料 10,000円    お申込はこちら

不動産戦略アドバイザー・関係団体会員 受講料 12,000円  お申込はこちら